Web色変換

色とWebデザインに関するサイト,ホームページ制作のサポートツール, WEBや印刷で使う色 ,配色,dic,pantone(パントーン),16進数,cmyk

web色変換

画像 色の割合 調べるツール

画像 色 抽出

画像取得形式


ピクセル数以下を色見本などを表示しない
ピクセル

ここに面積や色 抽出したい画像ファイルをドロップする
読み込み状況
 
 
 
 
(カラーコード表示位置)
 
 

画像の色抽出 割合を調べるツール 説明

画像から 色(カラーコード)や 色の面積や面積の割合を分析して
簡単に取得できるソフト。
カメラで撮影したものの色をその場で確認なども可。

カラーピッカーのように1ピクセル取得するのではなく、すべてのピクセルの
色を、画像から一挙に抽出することができます。
の面積の割合は画像のピクセルを足したものになります。

多くのカラーパレット(絵具を混ぜるための板のような)は色の面積が
一定の大きさになっているので背景が単色などのものは
「カラー パレットから 16 進数変換」を抽出するとき
なども使えるかと思います。

画像はサーバーにアップしないので、割とスムーズに
プライバシーに気を使うことなく安全に利用できます。
写真のような大量の色が使われて、大きい解像度の
画像(2000pixx2000pixぐらい以上)は読み込みに時間がかかります。

使い方は画像をファイル選択コントロールで選択するか
ドラックアンドドロップするだけ。

画像取得形式

すべての色
赤系の色のみ
緑系の色のみ
青系の色のみ

色相のみで判定しているので、白、黒、グレーっぽい色も含まれます。
これで一部の色のみを抽出した場合、面積の割合は
その色のみの割合です。

ピクセル数以下を色見本などを表示しない

画像の色が多い場合、色見本のテーブルが長くなりすぎるために
少ないピクセル数のものを表示しないようにできます。
読み込み状況(プログレスバー)の最後でかなり時間がかかる場合ここで調整すると
そこまで時間がかからずに表示できるようになります。

写真のように多くの色が含まれている画像は100~1000ピクセル程度をカット
すると早く表示可。写真は1000ピクセル以下をカットを推奨

画像の色を抽出した後、テキストエリアのなかに
カラーコード一覧が表示されますので
画像のカラーコードをコピーで取得できます。

画像の色抽出 割合を調べるツール 使用例

サンプルに以下のような海の画像を使用して
画像の色を抽出してみました。
抽出用画像

結果は以下のようになります。
(長くなるので1000ピクセル以下をカットしています)

色見本 カラーコード 面積(ピクセル数) 面積の割合(%)
  #8394C2 1352 0.78241
  #8495C3 1287 0.74479
  #B5CAF7 1232 0.71296
  #ABC0EB 1172 0.67824
  #91A6D1 1172 0.67824
  #B7CCF9 1096 0.63426
  #B2C7F4 1088 0.62963
  #90A5D0 1080 0.625
  #B4C9F6 1048 0.60648

tag:16進数, bmp, gif, jpg, png, 一覧, 早見表, 画像,



記事
cmyk 色見本

cmyk RGB 数値変換 使い方 CMYK⇔RGBの相互変換可能なWEBツールです。 RGBやcm…

rgb 変換(HEX,CMYK,HSV,HSL,補色)

  rgb 変換 使い方 rgbをカラーピッカーから選択してカラーコード(16進数),CM…

画像 色の割合 調べるツール

画像の色抽出 割合を調べるツール 説明 画像から 色(カラーコード)や 色の面積や面積の割合を分析し…